どうしてもお金が必要になった バレない借り方は?

 

gimonten

会社に勤めているサラリーマンの方で急遽お金が必要になるという経験をしたことがあるという人は多いです。例えば冠婚葬祭の時や急な引っ越しなどのときはどうしてもお金を用意しないと困ります。

しかしそんな時に限って手持ちのお金がないということがあります。そこで誰かに頼ろうと考えても家族や身内などにお金借りるのは気が引けてしまいます。そこで銀行や消費者金融からお金借りるという方法があります。

日本では多くの人々が利用しており急な出費などに活用できるのでかなり便利なものです。しかし一つ気になることがあります。それはお金を借りたことが会社にバレることはあるのかということです。

特にサラリーマンの人は自分が勤めているところに知られるのは嫌だという人は少なくありません。また銀行や消費者金融から借金をしていることがバレてしまうとその人のイメージが悪くなることにもなりかねません。

そのため会社に知られることなく借りられるのかということはとても重要な問題なのです。

消費者金融や銀行から借りるとバレてしまう?

まずお金借りるということで一番最初に思い浮かべるのが消費者金融でしょう。テレビのCMで有名な芸能人が宣伝していたり、インターネットの広告でも頻繁に目にします。

また審査もとても簡単なところも多く、サラリーマンであればほとんどの消費者金融の審査は通ります。

そしてインターネットから申し込みを行うと即日で借り入れが可能なところも多く、急遽お金が必要になった時にはとても助かります

さらにお金を借りてから30日間は無利息で借りることができるところやかなり金利を抑えてくれるところもあるので本当に便利です。

そしてこのような消費者金融からお金を借りる場合はほとんどが会社に在籍確認をすることになっています。主に電話をかけることでその人がプロフィールに書いた勤め先に本当に勤めているのかを確認するのです。

ただし消費者金融を名乗って電話してくることはありません。なぜなら業者名で在籍確認をすることは法律で禁止されているからです。

そのため「田中」や「斎藤」といった個人名を名乗って電話をしてきます。このような個人名で連絡し確認が取れたら借入が可能になるというわけです。

しかし会社に電話がかかってくるとその電話番号から消費者金融ということが分かってしまうことがあります。さらに普段電話をしてこないような人がかけてくるわけですから不審に感じることは間違いありません。

そのため最近では在籍確認の電話をすることなく、お金を借りることができるシステムを導入している消費者金融がいくつかあります。

これは自分が勤めているところの社員証や健康保険証などの、現在ここで働いていることの証明になる書類を提出することで在籍確認をしてくれるところがあります。

またわざわざ郵送する必要はなく、スマートフォンなどで撮影しアップロードすることで確認が取れるのでとても簡単です。

ですからもし自分が勤めているところににお金を借りたことを知られたくないという人はこのシステムを導入している消費者金融を選ぶといいです。

しかしこれはあくまで小額のお金を借りる時に行うことができるものです。例えば100万円以上を借りる場合は審査もかなり厳しくなるため電話で在籍確認を行います。そのため注意することが必要です。

そして他にも銀行のカードローンなどを利用してお金を借りるという方法もあります。

また有名な大手銀行は消費者金融より金利がかなり低いため利用しやすく、総量規制の対象ではないためお金をたくさん借りることができます。

さらに銀行は支店が全国各地にあるため返済を行う時ににとても便利です。そのため多くの人が利用していますが、銀行の場合審査が厳しい傾向があります。

まずお金を借りる際の会社への在職確認は電話で行われます。これはほとんどの銀行がそうなっているため例外はないと言っていいでしょう。

そのためバレてしまう可能性が高いと言えます。ですからもしお金を借りようを考えている人がいたら銀行は避けた方がいいです。

もしお金を借りた時に気をつける事は?

a1

まずお金を借りた時には自分に合う返済方法を見つけることが大切です。例えば返済するといっても自社ATMやコンビニATMや自動引き落としなど色々と手段があります。

返済することはとても大事なのでいろいろある返済方法からしっかり吟味して選びましょう。どうしてもお金を借りる時はお金のことで頭がいっぱいになってしまうので気をつけた方がいいです。

また返済シミュレーションなどを行いきちんと計画を立てることも重要です。無理して多額のお金を借りたり、無茶な計画を立てることは自分の身を滅ぼすことにもなりかねませんので注意が必要です。

そして万が一自分が勤めている会社にお金を借りたことがバレてしまった場合は正直に事情を話したほうがいいです。嘘をついたり言い訳をするのは絶対にやめましょう。

キャッシング審査が甘い通りやすいのは消費者金融系

借入をするにあたり銀行や消費者金融などの利用の選択がありますが、比較的審査に甘い金融を選ぶなら迷うことなく、消費者金融系でのかい離入れです。

自分の収入だけでは足りない時に、消費者金融系の申し込みや、銀行系のカードローンなどがります。

銀行系は借入時の貸し付けの上限を、銀行独自の判断で決められますが、消費者金融系は総量規制の適用があるので、銀行のようにはいきません。

その昔まだ消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代、借り入れの上限は特に決まっていなかったので、借り入れは自由にできましたが、返済の金利の問題が大きくのしかかりました。

昔のサラ金はいくらでもお金を貸してくれましたが、その分の金利手数料も桁違いであり、そこで法律が動いたために、今では消費者金融はいくらでもお金を貸すことはできません。

申し込み者の年収の三分の一までが、消費者金融での貸し付け可能な上限金額であり、法令制限が付きます。

お金の貸付金に上限が付くことを考えると、昔の方がサラ金からお金を借りるほうが良かったようなイメージですが、昔のままであれば借りすぎてしまう可能性が大きいです。

今では銀行系の方が自由に貸付金上限を決めるので、大きなお金を借りるなら銀行ですが、だからこそ銀行は簡単にお金を貸してはくれません。

大きなお金を貸し付けするにあたり、申し込みをする際の審査は非常に厳しくなります。

これに対し消費者金融系の方は、昔のようにいくらでも貸し付けはできず、年収の三分の一を必ず守らねばならないので、銀行よりもお金を借りるハードルは低いです。

外部業者に委託する銀行と自社で行う消費者金融

お金を借りるにあたりイメージ的に安心の要素が高いのは、消費者金融系よりも銀行でのキャッシングです。

ほとんどの人がどこかしらの銀行に口座を持っていますし、毎月の給与振り込みや公共料金の引き落とし、クレジットカードの引き落としなど、日常的に利用をしています。

銀行は勤務をする人材も優秀なエリートばかりですし、接客対応に関しても徹底しているので感じも良く、銀行に対して良いイメージを持つ人は多いです。

清潔感あふれる銀行の店内は明るくて、銀行で働く従業員はみな親切で対応も良いとなれば、お金を借るにしてもまずは銀行が頭に浮かびます。

しかしお金のやり取りを生業にしているのも銀行であり、社会人としてのマナーや頭脳などは徹底されてはいますが、お金のことに対してはシビアです。

お金を借りたいといってもその日に銀行がすぐ現金を貸し出すことはありませんし、およそ3日から5日ほどはかかります

銀行にお金の借入の申し込みをしてすぐに借り入れできないのは、外部業者に委託して融資審査を行っているためです。

自分たちではなく外部委託になるからこそ、結果的にレスポンスに時間が必要であり、おまけに甘くはありません。

消費者金融系は法律によって総量規制の適用にはなりましたが、それ以前からずっと自社での審査を行ってきています。

銀行のような細かく厳しいレベルではなく、比較的甘い審査でスピードの返答ですから、すぐにお金を借りたい人にも応えることができるのは消費者金融系のキャッシングです。

多重債務や多謝借り入れなどはネックになる

point02

できるだけ甘い審査でキャッシングをするのであれば、消費者金融系のキャッシング会社が味方になってくれます。

借入の申し込みをしても落ちてしまうときには、何か理由があってのことであり、その理由を金融側は決して教えてはくれません。

しかし落ちるときにはその要素があるためであり、いくつかの理由が自分に当てはまらないかを考えてみることです。

お金を貸すにあたり金融側は、必ず返済をしてくれる人でなければ、安心して金融側もお金を貸し出すことはできません。金融側は申し込み者に安定した年収があるかを必ず見ていますので、無職であるとか収入が全くない人は無理です。

正社員ではなくてもとにかく安定した収入があることが大事ですから、本当にお金を借りたいならば、パートやアルバイトでも良いので実績をつけるようにします。

ほかにもいくつもの金融から借金をしていて、金額も膨れ上がっている場合、申し込みをしても落とされる可能性が高いです。

消費者金融系であっても多重責務者であったり、多重申し込み者には手を差し伸べることができなくなるのは、総量規制の適用を受けるため、それ以上借り入れしていればどうにもなりません。

お金を借りる上限は銀行側が決めるとする銀行での借り入れは、こうした状態の申し込み社に対して、消費者金融よりもさらに厳しい対応です。

他社にたくさんの借入金が残っていたり、いくつもの金融から借金をしていると、銀行からの借入はまず難しくなります

申し込みし書にうその内容を書いてしまうと、銀行でも消費者金融でも落とさせる原因になので要注意です。